復縁を望むならしてはいけないNG行動

MENU

復縁を望むならしてはいけないNG行動

復縁を望むとき、決してしては行けないいくつかNG行動があります。
どんなに復縁を望み、頑張っていたとしても、結果的にとった行動が台無しにしてしまうこともあります。
彼氏や彼女との復縁を本当に望んでいるのであれば、絶対にNGな行動をご紹介します。

 

 

自分を傷つけるような行動はNGです!

自分がいかに傷ついているかを知らず知らずのうちに自傷行為などをしていませんか?
これは貴女自身の命や安全を人質に相手を脅しているのと同じです。
自分を粗末にするような軽率な行動は絶対にとらないようにしましょう。

 

「あなたが来てくれないなら私死んじゃう!」
なんていう言葉は絶対にNG。

 

相手はあなたに対して「怒らせると何かしでかすのではないか」という危険意識を持つようになってしまいます。
結果、相手はあなたを警戒するようになり復縁から遠ざかってしまいます。

 

 

一方通行なメール送信もNGです!

「寂しい」「戻りたい」「私が悪かったから」などといったメールを何通も送ってはいけません。

 

執拗なメール送信は、得てして「私の気持ちをちゃんと受け取って!」という一歩通行の身勝手な行為です。

 

こういった行動は相手をうんざりさせてしまうことがほとんどです。
また、過剰に憐憫を乞うような文章もダメです。

 

受け取り側は「自分を哀れに見せる演出」というものを基本的に嫌います。

 

人間関係の基本はお互いにコミュニケーションを取り合い、会話しあうこと。
それは携帯電話やメールでも、同じなのです。

 

 

ストーキング行為はNGです!

相手が今どうしているのか、何をしているのか非常に気になるからという理由で、SNS等を使って相手をチェックする人もいらっしゃいますよね。

 

普及したネットやSNSで相手を知ることが容易な時代になりました。
しかし、そういった行動はストーキング行為にあたります。

 

別れた相手が自分を探し、自分の情報を得ている。

 

それを知ったら「何をされるのか怖い」「見られているという不安」が増してしまいます。
そのため、別れてしまった相手のことを執拗に知ろうとしないことが懸命です。

 

また、こういった行動はネットだけではなく現実でも決して行わないこと。
最悪の場合、警察を呼ばれてしまったというパターンも数多くあります。

 

 

最後に

これらのNG行為に共通しているのは、感情的な行動をとっているということです。

 

その行動は相手を「喜ばせる」行動でしょうか。
それとも、「怖がらせ、怯えさせる」行動でしょうか。

 

相手に対してアクションを起こすときは「相手はこの行動をどう思うかな」と一度考えてみましょう。

 

復縁を望むからこそ、気持ちを切り替えて、常に冷静で理性的な行動を心がけましょう。
そうすれば復縁できる可能性がぐっとあがってきます。

関連記事一覧