復縁は彼氏や彼女に依存や執着をしないことから

MENU

復縁は彼氏や彼女に依存や執着をしないことから

 

なぜフラれたの!? 相手への依存や執着からの卒業が復縁の近道!!

 

女性の場合、生真面目な人ほど相手に尽くしてしまいがち。
最初はそのように尽くしてくれる女性を好ましく思っていた男性も、時を重ねるごとに鬱陶しく感じてしまうこともまたよくあることです。
そして、そのような男性の気持ちの変化は逐一言葉に現れるものではないので、「ある日突然フラれた」と戸惑い、悲しむ女性はとても多いのです。
さて、このように女性の存在が重く感じてしまった男性との復縁は可能なのでしょうか。
また、可能であるならば、どのような復縁方法が効果的なのか考えてみましょう。

 

 

なぜフラれたのか振り返る

 

女性のことを一方的に煩わしく感じて別れを選んだ男性ならば、それらしいセリフを別れ際に伝えていることが殆どです。
「一人になりたいから、放っておいてくれ」
「自分のことは自分で考えろ」
この類のセリフを言われた覚えはありませんか?
男性も最初は「俺がいないとダメなやつ」と器の大きなところを見せながらお付き合いをしていたはずですが、依存心の強い女性に頼られることが段々と重苦しく感じてしまうようになってしまったのです。
また、束縛をしたがる執着心の強い女性のことも、付き合いが深まるにつれて存在を疎ましく感じる確率が高いようです。
週末の予定を欠かさずチェックされる、誰と出掛けるのか詳しく知りたがる、男性だけの集まりに「行ってもいい?」とお門違いなおねだりをする、・・・。
楽しみを侵害されたという腹立たしさが生まれてしまい、別れて身軽になりたいと思わせてしまったのが原因です。
さあ、思い当たることがありますか?
理由が明らかになれば、それに対する正しい方法が見つかりやすくなります。
「あの人も私に頼りにされることや束縛を喜んでいたはず」と納得がいかず、理由を見いだせない人の復縁は限りなく難しくなるでしょう。
フラれるには原因があり、改めなければ復縁はありえません。
復縁への第一歩は、このような振り返りからスタートします。

 

 

自身の確立

 

例えば、転職について相談したとします。
「私はお給料よりも就業環境に恵まれた職場に行きたいから転職を考えているんだけど、どう思う?」という相談をしたとします。
この相談には自分自身の明確な意図が含まれていて、その意思についてどのように感じるのかといった意見が求められています。
非常に前向きな相談であるために、親身になって相談に乗ってくれるでしょう。
「なんだか退屈な職場だし、気分転換に転職でもしようかな!」といった相談ではどうでしょうか。
社会人であるならば、特別な事情がないかぎり就業するのは当たり前のことです。
その現実から逃げ出したい人は、そのようなことを何度でも繰り返す傾向にあります。
そのように人生を軽んじている人は、例え女性でも魅力的とは思えません。
依存心の強い女性は、自分自身の大切な意思決定さえも誰かに委ねてしまうことがあるのです。
自分を持たなかったからこそ、距離を置かれてしまったのだと自覚しましょう。
意思を持つ毎日を実践することが大切です。

 

どんな付き合いにも線引きを要する

 

どんなに相手に好意を持っていたとしても、四六時中一緒にいることは不可能なのです。
それを無視し、無理やり押し通そうとした結果、「束縛された」という被害者意識を持たれてしまったという事実を受け入れてください。
男性には男の付き合いがあります。
自分の趣味を心ゆくまで堪能する自由も必要なのです。
それを侵害するのはもってのほか。
そこで、「邪魔をしてはいけない」と反省するだけでなく、男性と同じように自由に過ごす時間に目覚めましょう。
女子会で思いっきり話し、笑い合うことは、デートでは味わえない楽しみがあります。
自分の趣味を思うがままに没頭する時間ほど贅沢なものはありません。
これが実践できれば、自然と束縛している暇がなくまります。

 

おわりに

 

フラれた理由を振り返り、どうすれば依存や束縛を止められるのか思案する。
自分の今までを見つめ直すのは、非常にしんどいことでしょう。
でも、やり直したい気持ちがあるならば、尻込みしている場合ではありません。
依存や束縛から卒業すれば、復縁を妨げるものはなくなります。
さあ、早速始めてみてはいかがでしょうか。