元彼が思わず復縁したくなるようなメールテクニックとは

MENU

元彼が思わず復縁したくなるようなメールテクニックとは

元彼からフラれてしまったけど、どうしてももう一度やり直したい、復縁したいと思っている場合、すぐにメールで「あなたのこと忘れられないの。もう一度付き合って」とメールで想いを打ち明けてしまいそうですが、実はこれは絶対にやってはいけない行為です。

 

もし自分が振った男性に「楽しかった日々が忘れられない。やり直したい」と言われたとしたら「未練がましい」としか感じませんよね?つまり元彼も同じ反応を返してくる可能性が高いのです。

 

では、復縁のためにはどのような復縁メールを送れば、元彼の心を揺さぶることとができるのでしょうか?

 

 

復縁メールより前にやるべきこと

 

別れたパターン別に冷却期間を設けよう

別れてからすぐに復縁メールを送ってしまうと、その未練がましいドロドロした態度から、ドン引きされたり下手をしたらストーカー扱いされてしまうことがあります。

 

別れた後というのは、別れた元恋人に対しマイナスな感情を持っていますので、その感情を忘れるまでには少々時間がかかります。

 

円満に別れた場合には、1?3ヶ月、ケンカ別れのような形で別れた場合には、半年?1年程度の時間は取らないといけませんので、復縁のためには長期戦をも覚悟しましょう。

 

 

思わす復縁したくなるメールテクニックとは?

 

復縁には電話よりメールが効果大

どうしも復縁したいという気持ちが強すぎてしまい、我慢できずに何気ない感じでメールを送ってみたのに返事が来ない、来ないから「何で返事くれないの??」と催促メールを送ってみる。これでは相手がドン引きし、最悪の場合着信拒否されてしまいます。

 

ただでさえ細かったつながりを、間違った方法で断ち切ってしまうほど愚かなことはありませんので、元彼に警戒心を抱かせないメールを送る必要があるのです。

 

ほんの少しでも復縁を感じさせる文章はNG

元カノからの突然のメールにビクッとならない男性はいません。自分の方から別れを切り出した相手がメールを送ってきた場合、当然復縁要請と感じるでしょうからここで「好き」「楽しかった頃に戻りたい」などのワードを送ってしまうと、元彼は別れたことに後悔していない限り、返信は無いと考えましょう。

 

メール内容は明るく軽め&短い内容を送る

大好きな元彼と久々のメールという事で盛り上がってしまい、長々とした文章のメールを送ってしまうと、途中でうんざりしてしまい返信したくなくなりますし、女の情念のようなドロドロしたものを感じてしまうので、内容は軽めで短い内容のものを送りましょう。

 

自分のタイミングでメールを送らない

復縁というのは、あくまで自分の自己中心的な感情ですので、相手がもう一度自分とやり直したいと感じているかは定かではありません。

 

復縁は慎重かつ相手の都合に合わせて行動するのが原則ですので、自分が送りたいタイミングで送るのではなく、相手の仕事が終わった頃など、ゆっくり時間が取れそうだなという時間に送るようにしないと、忙しい仕事の真っ最中に送ってこられても「なんて自己中でわがままな女なんだ」と思われ、マイナスイメージにしかなりません。

 

もう彼女いるの?など、恋愛話はタブー

もしかしたらもう彼女とかいるのかも?不安な気持ちを解消できぬまま「もう彼女とかいるんじゃない?」「付き合ってた頃楽しかったよね」など、今の恋愛に首を突っ込もうとしたり、過去の恋愛を蒸し返すような行為は絶対にNGです。

 

元彼の方から恋愛話を持ち出してくるまで、自分の方から聞き出すようなことはせず、出してきたとしても様子を見つつ、気持ちを落ち着けながらメールをしないと、心に余裕がない時のメールは失敗の元ですので、自分から自爆しないように気をつけましょう。

 

 

おわりに

 

メールで少しづつ関係を深めていき、たまにメールをし合えるような友人関係にまで修復できれば、「食事くらいならいいかな?」「たまになら会ってもいい」という気持ちに変化させられるように心をほぐしていき、やっぱりこの子といるといいよね♪と感じさせるように、あくまでも彼中心に行動するようにしましょう。

 

関連記事一覧